スーパーコンパニオンと温泉旅館

温泉旅館やホテルで宴会をする場合には、普通の宴会であれば、宴会場で席を設けて食事やお酒を楽しみます。

旅館の従業員がお酌をしてくれる場合もあります。

スーパーコンパニオンを楽しみたいのであれば、一次会はおとなしめにカラオケや食事を楽しみ、二次会でスーパーコンパニオンを呼ぶケースもあるようです。

もちろん、最初からスーパーコンパニオンを呼ぶといった形式もあるようですが、旅館と相談すれば、臨機応変に対応してくれるところが多いようです。

一次会で腹ごしらえをして、あとはゆっくり二次会で羽目をはずすほうが気が楽な男性もいるようです。

最初から女性がいたのでは、ゆっくり食事もできません。

食事、お色気、食事、お色気の繰り返しでは、落ち着かないのでしょう。

おそらく、スーパーコンパニオンのほうも食事を楽しみたいとは思っていないはずですから、二次会でコンパニオンを呼ぶほうが、呼ぶほうも呼ばれるほうもいいのではと想像します。

ただ、料金を考えると、一泊二食付+コンパニオン料金が含まれている、一次も二次もないパックプランのほうが経済的でしょう。

その場合、コンパニオンの接客を30分ずらしてもらうという手もあります。

おそらく、旅館に相談すれば対応してくれるでしょう。