スーパーコンパニオンと接待

社員旅行やグループでの遊びに色を添えるために、スーパーコンパニオンが使われています。

一方、企業同士の接待や個人同士の接待、企業と個人の接待にもスーパーコンパニオンが利用されています。

商談をまとめたい、或いは、大きな受注をゲットできたのでお礼に接待をするといったケースがあるようです。

賄賂とまではいかない?!にしても、微妙な接待でしょうか。

仕事をゲットできたのならば、いい仕事をして恩を返すのが一番なのでしょうが、こと取引のある世界においては、お礼という意味合いのものが往々にして存在しています。

スーパーコンパニオンなどは、男性にとってはとても興味のあるサービスなので、それを逆手にとり、商談を進めるといった営業マンもいるようです。

何か付加価値を客先に与えることで、商談をまとめたいというサラリーマンの姿が見え隠れしています。

一方、女性がお客の場合には、会社のイケメン男性社員が対応に当たるといったこともあるようですが、男性がお客の場合は、過激なサービスができるスーパーコンパニオンが使われているようです。

接待するほうもされるほうも同じ遊びに興じることで、共通点を持ち、仕事をスムーズに運べるのかもしれません。